• コミケplus
  • 新着ニュース
  • 本の紹介
  • 募集
  • 動画
  • リンク
  • お問合せ

参加者Voiceを大公開!

本誌に寄せられた先輩参加者さんたちからのメッセージをwebでも公開!「コミケplus」ではこんな現役参加者の生の声を募集しています。
 質問2. あなたの「コミケ体験」を教えてください。


members voice

30代/男性

並んだ壁外サークルさんが列整理不足で困ってたので、購入後に手伝いを申し出たら受理してくださって、完売後に面白い話を聞けた事。

members voice

象牙の塔 の 那由他

自分の作った本が、ちゃんと売れてくれるのは、すごく嬉しい。その本が、オークションで売られて、しかも、頒布価格の何倍もの値で落札されてると、なんか悲しい。

members voice

Silyne(シリン)

困ったことでは、塩分補給や水分補給を怠り立ちくらみして救護室に運ばれたこと。風邪で熱をだし近くのホテルに泊まっていても参加できずに列だけ眺めて過ごしたこと、財布を落として、父に東京まで来てもらったことなどです。

members voice

りとます

初めてコミケに行った時、初日にいきなり企業に並ばされてトラウマになりました。

members voice

そうは

作家さん本人と会えること、会話できるのは嬉しかった。ただ単に同人誌を購入する場ではないということ。自分のサークルの書くジャンルと似たサークルさんが多くあり、新たな情報が得やすい。コミケの規模ならでは。

members voice

キムコ

それまで200部刷ってた新刊が完売した時は嬉しかった。以後300部にして多少の在庫を持つようにしています。ジャンルは評論です。

members voice

コウ・イヅミ

何回か前からトラックヤードにケータリングがたくさん出店してきてくれたのが嬉しいです。夏コミだとサンドイッチやお握りを朝買ってサークルスペースに持ち込むのも恐いので、スペースを抜けて食べに行っています。冬コミは冬コミであったかメニュー目当てで食べに行くんですが(笑)。

members voice

樹村双葉

夏は2回サークル参加をしましたが人と熱気で圧倒されました。でも祭りなので思いっきり楽しみました。

members voice

ぼけら

年に1〜2回しか会えない友人が増えた(笑)各地の友人が旅行に行くと出迎えてくれる。

members voice

雨蛙屋

C84のクロネコヤマト搬出列がとても暑く、周りに倒れる人も多く、怖い思いをしました。私と友人も荷物を出す頃には頭痛がするほどでした。

members voice

ぽん。

開場直後に祖母死亡の報を電話で受けて、一般の方が本見て下さってるのにうっかり「え、ばーちゃんが死んだ!?」って言ってしまって気まずかったです…。

members voice

月松堂

  • 良かったこと/ありえない方向性でパロディが読める、心にズシンとくる一作に出会える。
  • 大変だったこと/早朝3時に最寄り駅へ行く途中自転車のチェーンが外れて直してる間に指挟んで出血、夏コミで汗かきすぎて目に入っても痛くないくらい塩分が無くなってた。
  • 困ったこと/徹夜組。東ガレリア入る前のやりとりは頭にきた。
members voice

めきっ

並んでいる時は傘は本当に危険なので止めてほしい。もうそろそろ傘使用禁止にならないかな。

members voice

kanoeshi

来年行われる初のオンリーイベントが黒バスということ。これを打っている今現在も涙が流れるほど嬉しいです。

members voice

まんまる

黒バス事件の影響でほぼ1ホール分の島が空席だったあの光景は衝撃的過ぎて、コミケにかれこれ15年参加して、初めて悲しい感情を会場で抱きました。

members voice

しーな

良かったのは、コミケで友達が増えたこと。また遠方に住んでいる友達と逢えること。困るのは、年々基礎体力が落ちてきて、コミケに参加するのが大変になってきたこと。

members voice

10代/女性

サークル数が自分を入れて2つしかないジャンルなので、もう一人のサークルさんととても仲良くなれたことがとても嬉しいです。

members voice

ピンクパンダー

よかったこと、コミケだから味わえる一般入場開始の大拍手。困ったこと、仕方ないとは思うのですが、二回連続で頒布数が倍以上あるサークルさんの隣に配置されたこと。ひとはひとですが、やはり、ちょっと悲しいです。

members voice

20代/女性

たくさん人が並びすぎて、開場から列の終わる2時までずっと休む暇なく3人で売り子したこと。夏コミだったので死ぬかと思いました。売り子の目は血走って怖いし、並んでる人は倒れて運ばれる、会計の時に鼻血を出す人などカオスでした。

members voice

30代/女性

楽しいことは知らないサークルさんでもちょっとしたこがきっかけでお話できるところでしょうか。ここ数年多いのはやはりキャリーカートをごろごろ引いている方が多くなっていて引っかかってしまったり、その際舌打ちされたりして悲しい思いをしています。10年くらい前は私がぼーっとしてぶつかってしまったのに逆に「すいません」って先に言われてしまうくらい優しい方が多かったのになあと思ってます。

members voice

Pocapon@呉鎮守府

黒子のバスケ事件で東1ホールが閑散としていた日は忘れませんし、捕まった犯人が真犯人なら決して許しません。

members voice

夜乃森あずさ

去年の夏コミの2日目に、初めて体調不良による欠席。いつも3日目に配置されていたサークルさんが軒並み2日目に配置されていて泣いたが、救護室のお世話になるよりは良かったと自分に言い聞かせて。。。
連続参加20年超だが、いまだ救護室と献血だけはお世話になっていない(もともと貧血気味なので献血できない)。

members voice

S子

一次創作のすごくマイナーなジャンルで活動しているので、正直言ってコミケレベルの規模でないとまともに取り合ってもらえません・・( ;∀;) そして、規模のメリットだけでなく、それ以上にコミケは変なもの、変わったもの、個性的なもの、イっちゃってるものに対して優しいというか、冷たい目で見ないで、いい意味で面白がって乗ってくれるのでとてもとても嬉しいです。この雰囲気、空気は、一朝一夕でできるものではないと思います。これからも火を消さないで続けていって欲しいです。

members voice

NORI

並びながら前後の方とお話してなかなかに盛り上がれること。
時々、お買物したサークルさんの両替に協力できること(常に100円玉・500円玉は大量に所持しているので)。
すれ違った方の手に持っていた素敵表紙に惚れこんでサークルスペースを教えていただき突進していったこと。
館内闊歩していたら机上に飾ってあったスケッチブック?を見て急停止、以来そこのサークルの大ファンになったことなど。思いがけない出会いが、ありますね。

members voice

さち

帰りのバスの中で同じ参加者が脱水症状で倒れ、それを介抱したのが大変だった事かな。帰るまでがコミケです、往復分の体力をとっておいてください。

members voice

40代/女性

半年〜数年おきで、知人・友人・遠方の方とお会いできる貴重な場です。ジャンル変わって、会わなくなった方にコスで見つけてもらえたときは嬉しかったです。

members voice

茉莉亜

初参加の時、財布をひっくり返してしまい小銭をぶちまけてしまったら、周りの参加者の方々が立ち止まって全部拾ってくださったことは今でも忘れません。

members voice

花沢

夏のコミケは、2年前位から暑さが尋常じゃなくなってきました。異常気象と言うより、夏場の通常温度が、高くなってきたんだと思います。参加の際は、それ相応の覚悟が必要だと思いました。あと砂利駐車場待機は、コンクリよりキツかったです。
嬉しかったことは、作家さんとお会い出来たことです。

members voice

みゆか

10年以上前です。行きのゆりかもめ新橋駅で乗車し、発車待ちをしていたとき、急に具合が悪くなってしまいそのまま下車したのですが、近くにいた女性が大丈夫?と見知らぬ私に声をかけてくださいました。あまりに具合が悪く無視するように無言で電車を降りてしまいずっと後悔しています。
あのときのお姉さん、その一声がすごくうれしかったです。「どうもありがとうございました」無事回復し翌日は参加しました。

members voice

30代/女性

2サークルしか無いマイナーカップリングでの参加時、2サークル揃ってお誕生日席に配置されたのですが、もう1サークルが普段は壁にいる大手サークルさんで外側配置だったために、通路に列が形成され、自サークルが周りから一切見えない状況になってしまった事があります。
大手さんに並んでいる方は大手さんのファンだったためにこちらへは関心を持たず、やはり見て欲しくて参加しているので、とても残念な思いをしたのを覚えています。

members voice

るるちよ

2013年の夏コミは本当に暑かった。最初は東館外で休憩しようかと思っていたけれど、とてもではないが日射しが強く暑くて休んでいられなかった。
なのでオススメルートを通って東から西に移動して西館外で休憩をした。西の建物は日陰が多く正午頃でもコンクリートが冷たい所が結構多くて身体の熱を取るのにとても助かった。
オススメルートを使うと東西の行き来が10分以内で出来るのでとても助かる。エスカレーター事故直後の夏コミで東のホイホイの中で1時間近く立ち往生した経験がありホイホイはもう通りたくない。

members voice

塩と佐藤

サークルで本を買った時に、作者に直接感想を伝えられたこと。そして、私のブログで紹介していたことを作者が知っていてくれていて、嬉しかったです。

members voice

マスク王者

初参加のときはあまく見て準備を怠ったせいで救護室の方々にご迷惑をおかけしました。でも、その失敗があったからこそ熱中症対策を大切にするようになりました。

members voice

SHO

幸いな事に、嫌な思いをした事はなく。いつも楽しく参加してます。

members voice

ならはし

私がもっとも大変な思いをしたコミケは2003年の冬コミです。
朝の待機列で夜明け前に降り出した雪が、日が昇るとともにみぞれに変わったのです。待機列は極寒の地獄、TFTは難民収容センターと化しました。
降りしきるみぞれ、寒さは既に痛みかわりました。次々と待機列からTFTに逃げ込む人々を見てコミケの厳しさを知った瞬間です。

members voice

村雨ゆい

マイナーなコスプレで参加した時、「〇〇のキャラですよね?」とわかってくれた方がいた事。

members voice

金岑

憧れのサークル主様にスケッチブックを描いていただけました!コミケだから、やっとお会いすることができました。

members voice

宗方ただし

サークル参加の時、本が売れるととても嬉しかった。一般参加の時、買いたい本があらかた買えると幸せになる。

members voice

緑風@AIR

C74から行き始めてから雨に全然当たることがないことが多いことが嬉しいことの1つ。冬の雨は合羽を着れば防寒対策にもなるのであまり苦ではないが。
自動車で来る時は駐車場を探すのが大変で毎回困っている。駐車場から会場まで片道30分歩くことはデフォになってきている。
主に夏、自分や友人が体調を崩したことが何度かあって対応するのが大変だったこともある。

members voice

はらのひと

地元では売ってないような変わった食べ物(ケバブサンドやフランスパンドッグなど)が楽しみです。
うっかり持ち物を落とした時に周りの人がすぐ拾ってくれたり教えてくれるのはコミケならでは。
今では珍しい、一昔前の好きだったアニメのキャラのコスプレをしてる人に話しかけたいと思いながら、結局果たせなかった思いで。
初めてコミケに行った10年以上前に、初めて買ったサークルが今年も参加してるのを知ると嬉しいですね。